2011/11/5・6 安曇野ほか その7 四賀五常2011年12月02日 23時35分58秒

会田宿の次は少し西へ向った五常へ。
現在は松本市になっていますが、ここも会田と同じく旧四賀村です。
正直言って今回、さんろくさんが鍾馗を発見されるまで、私は「四賀村」という町があることすら知りませんでした。

五常地区も山あいを走る県道302号線に沿って民家が点在する、
知らずに通りがかればノーマークで過ぎてしまいそうな目立たないところですが、
さんろくさんは以下の通り、魅力的な鍾馗さんをいくつも発見しています。

(以下、いずれも松本市五常)
松本市五常の鍾馗さん

松本市五常の鍾馗さん

松本市五常の鍾馗さん
この二体は明らかに兄弟。会田宿にももう一人兄弟がいましたね。

松本市五常の鍾馗さん
上下の二体は同じ家の両端。もちろんこちらも兄弟です。
松本市五常の鍾馗さん

松本市五常の鍾馗さん
この鍾馗さんも兄弟と思われます。

松本市五常の鍾馗さん
鬼を踏みつけ、豪快なポーズですが、写真が・・・


五常からさらに302号線を西に下っていくと明科に出ます。
ここでもう二軒案内いただいたのですが、かなり日が傾いてきた上に
とうとう雨が本降りに。

安曇野市明科東川手の鍾馗さん
(安曇野市明科東川手)

さすがに撮影の限界を超えましたので、本日はここまで。
いずれ撮り直しに赴きましょう。

宿に入り、楽しい鍾馗談議で夜更かししました。

2011/11/5・6 安曇野ほか その8 大町市八坂2011年12月05日 23時29分59秒

安曇野ツアー二日目は小雨の中。
さんろくさんは仕事の都合で不参加ですが、naoさんがあらかじめさんろくさんと
下見までして、今日の本番に備えていてくれたので、道案内は完璧。
おとんさん、naoさんと三人で出発。


はじめは有明の赤沼家です。訪問時は『安曇野スタイル』というイベント開催中で
普段なら入れない豪邸の中に入れてもらって鍾馗さん撮影。
写真は母屋ですが、他にも建物があって広いこと広いこと。
赤沼家
(1階小屋根の左端に1体います。もう一体は右側でフレーム外)

穂高有明の鍾馗さん

穂高有明の鍾馗さん

四賀五常の鍾馗さんと兄弟ですね。

その後、明科経由、国道19号線を北上したのですが、
途中の東川手でnaoさんがひと声 「ありました~」
さすが視力2.0。

明科東川手の鍾馗さん

この鍾馗さん、兄弟はたくさん見つかっています。
全員顔が違いますが、兄弟であることは明らかで、人間のようです。
そんな兄弟、身の回りにもいますよね。


19号を長野方面に北上したところ、行政区画では大町市になる小集落に
さんろくさんが3体の鍾馗さんを見つけています。
うち1体は1mはあろうかという巨大鍾馗さん。

メガ鍾馗さんの棲家

遠景はこんな感じ。豪邸なのですが、煙出しに置かれた鍾馗さんが目立っています。

大町市八坂の鍾馗さん

私の知る限りでは日本で2番目に大きい。 (1番はこちら
表情は憂いを含んで優しげです。

同じお宅の軒には標準サイズの鍾馗さんも。
大町市八坂の鍾馗さん


さらにすぐ近くの家の棟にも。
大町市八坂の鍾馗さん

いずれもいっぴん物で、どことなく共通の雰囲気を持っていますが、
おそらくはそれぞれ別の人の手になるものです。

本当に小さな山あいの集落ですが、これだけ見事な鍾馗さんが揃っているとは
信州恐るべしです。

2011/11/5・6 安曇野ほか その9 安曇野市明科南陸郷2011年12月07日 00時01分07秒

国道19号を引き返し、安曇野市(旧明科町)に入ったところにある
ちいさな集落、南陸郷小泉で2体と中村で6体を見ました。

昨日更新されたところのさんろくさんのブログ『安曇野ハーブスクエアだより』に
さんろくさんとnaoさんの発見時の経緯が掲載されましたのでご覧ください。

我々は何も苦労なく、案内していただいた鍾馗さんを「ほほぉ~」といって感心しているだけの大名旅行です。

(小泉の2体)
安曇野市明科南陸郷の鍾馗さん

安曇野市明科南陸郷の鍾馗さん

(南陸郷の6体)
安曇野市明科南陸郷の鍾馗さん

安曇野市明科南陸郷の鍾馗さん

安曇野市明科南陸郷の鍾馗さん

安曇野市明科南陸郷の鍾馗さん

これらの鍾馗さんは屋根瓦に比べて古色があり、建て替え(or瓦の葺き替え)の際に破棄されることなく、古い鍾馗さんが残されたのだと思われます。
信州ではこうして大事にされている、運の強い鍾馗さんをあちこちで見かけます。
3つめのお宅では、前の家の鬼瓦も保存されていました。

縁起物として、古い鍾馗さんは破棄するならわしだったことを割り引いても、
関西でどんどん古い鍾馗さんが失われていく一方で、あまり好きな言葉ではないのですが、「県民性」の違いを感じますね。


安曇野市明科南陸郷の鍾馗さん

安曇野市明科南陸郷の鍾馗さん

この2体は同じお宅ですが、下の写真のように置かれています。

安曇野市明科南陸郷の鍾馗さん

安曇野市明科南陸郷の鍾馗さん

路傍の道祖神みたいですが、家の人の話では、家を建て替えたときに
破棄してしまうのもなんなので下ろして庭先に置いておいたが、
雨ざらしもかわいそうなので、屋根をつけてあげたそうです。

長野の人は優しいなぁ。


=PR=

「みちくさ学会」第20回記事がたぶん今日、掲載されます(^^;
今回は当ブログでも現在連載中の信州がテーマです。
よろしければお寄りください。

2011/11/5・6 安曇野ほか その10 安曇野市田沢他2011年12月07日 22時37分08秒

長かった安曇野ツアーの記録も最終回です。

国道19号を南下し明科市街地に戻ったところで、naoさんとおとんさんが同時に発見。
「ありました~」

安曇野市明科東川手の鍾馗さん

今回発見の鍾馗さんたちとは毛色の異なる、バランスの良い関西風テイストの鍾馗さんです。

次は田沢駅付近で2個所3体。

安曇野市豊科田沢の鍾馗さん

この鍾馗さんはすごいですね。
人間離れしています。
何を参考にするとこんな姿ができあがるのでしょうか。

安曇野市豊科田沢の鍾馗さん

安曇野市豊科田沢の鍾馗さん

この2体は駅前の大きな家の納屋に対であがっています。

この頃から本降りとなり、写真撮影は困難になってきました。
おとんさんに運転をお任せして車中からきょろきょろしていましたが
なかなか鍾馗さんは見つかりません。

おとんさんのご案内で、
松本の南に位置する山形村にある鏝絵の鍾馗さんを見に行きました。
(発見の経緯はこちら

鍾馗さんの鏝絵のある豪邸

鏝絵のあるのはご覧のようなお屋敷。
右は切れていますが、まだまだ塀が続いています。


山形村の鏝絵の鍾馗さん

この鍾馗さん、非常にしっかりとした造形です。
きちんとした鍾馗の絵画などをお手本に作られているようで、
信州の瓦鍾馗さんとは別の系列だと感じます。

鏝絵師さんの描いた鍾馗図をネットで見つけました。
ちょっとポーズが似ている気もするが、偶然の一致でしょうか。



最後、戻り道の旧三郷村(現安曇野市)で今ツアー最後の鍾馗さんを撮影。
これは小さな鍾馗さんでした。
薄手の鏝絵風ですが、上の本格派とは全然違う素朴なもの。

安曇野市三郷明盛の鍾馗さん

雨のため、いくつかの鍾馗さんを積み残しましたが、もうお腹いっぱいです。

だらだらと長い探訪記へのお付き合い、ありがとうございました。

その後もさんろくさんとnaoさんは精力的に探索を続け、
続々と新発見の鍾馗さんが報告されています。

春になったら第三回、またお願いしてみよう。


2011/11/12 奈良県葛城市、香芝市ほか2011年12月10日 22時30分55秒

今回(といっても、一か月も経ってしまいましたが)の奈良行きは
おとんさんの追っかけです。

少し暑いくらいの好天で、まさに探訪日和。日焼けして帰ってきました。
< 一か月経つと細かいことは忘れてしまうんですけどね(^^; >

訪問先は
1.宇陀市榛原区高井
2.桜井市桜井
3.御所市櫛羅
4.葛城市笛吹
5.葛城市梅室 ここまでは車で、あとは車を留めて歩きました。
6.葛城市竹内→當麻→染野→新在家→加守→
  香芝市畑→磯壁→良福寺→鎌田

おとんさんの高精細な写真には敵いませんので、
それ以外で目にした鍾馗さんを掲載します。
他については博物館の更新情報からご覧いただければ幸いです。

宇陀市榛原区高井の鍾馗さん
(宇陀市榛原区高井)   収蔵室 #1351

香芝市畑の鍾馗さん
(香芝市畑)   収蔵室 #1355

香芝市畑は確か三度目の訪問。
風格のある民家が多い集落に希少な鍾馗さんがたくさんあって
居心地良く楽しいところです。
希少鍾馗さんのうち二体の棲家が建て替っていました。


畑の鍾馗さん新旧
上段がかつての姿で、下段が今回。
建替えと共に失われる鍾馗さんが多い中、
この二人は生き残った運の強い鍾馗さんです。
開運祈願にはいいかもしれないですね。


香芝市良福寺の鍾馗?さん
(香芝市良福寺)   収蔵室 #1356

その後おとんさんがこれらの鍾馗さんを見に、追っかけに出かけられました。

そしておとんさんはまたまた新たな鍾馗さんを発見。こんどは私が追っかける番です。

これってきりがないんでは?
ふたり揃って出かければいいじゃんと思う方もいらっしゃると思いますが
一緒に行くと揃って見逃すものなんですね~

**

ただいま皆既月食中なのですが、我が家付近は曇り空 (´;ω;`)
全然見えません。

2011/11/26 奈良県大和郡山市、安堵町、斑鳩町、平群町2011年12月11日 00時10分13秒

これまたおとんさんの追っかけです(^^;

安堵町東安堵にかつて目の青く光る鍾馗さんがいました。
家の人が鍾馗さんに細工をしたのだと思います。

はじめて見たときは目の光っているところを写真に捉えることができず、
あきらめきれずに2年後に再訪したところ、家が建て替えられ
鍾馗さんはなくなっていました。


これであきらめていたのですが、最近付近を探訪されたおとんさんから
「復活していましたよ! 目は赤く光っていました!」との情報が届きました。

こんな朗報を聞いて、行かないわけにはいきません。
ほとんどは再訪になりますが、付近の集落も改めて歩いてみることにしました。

この日は快晴無風、暑くなく寒くなく、一年に何回もないような
鍾馗探訪日和に恵まれました。


このあたりは本当に鍾馗さんが多く、
いつもは早足の自分もなかなか先に進みません。
再訪なので、新発見の鍾馗さんはそんなにないと思っていましたが
いやいや結構見つかります。一日で三十数体を新たに見つけ、
再確認の鍾馗さんは六十体強。忙しかった。
奈良県はやっぱり懐深くて面白いです。


まだ実は整理が済んでいないので、今日のところは明らかな新種のみご紹介します。

安堵町岡崎の鍾馗さん
(安堵町岡崎)

安堵町東安堵の鍾馗さん
(安堵町東安堵)

安堵町東安堵の鍾馗さん
(安堵町東安堵)


お目当ての赤く目の光る鍾馗さんです。

安堵町東安堵の鍾馗さん
(安堵町東安堵)

なんとか目の光る瞬間を捉えたくて、粘ること三十分以上。
百数十枚撮影して、ようやく一枚写ったのがこちら。
斜めだし、ピントは甘いですが仕方がない。
こんなに苦労するとは思いませんでした。

目で見ていると十秒に一回、はっきりと光っているのですが、
カメラのファインダー越しには光るところが見えません。
動画機能もついているので動画撮影してみましたが、それでもまったく写りません。
ファインダーでは見えないのでカメラを構え、直接目視で光った瞬間にシャッターを
押してもだめ。
最後、10秒のセルフタイマーで光った瞬間にシャッターを押し、
次の十秒後を狙う作戦がようやく実を結びました。

人間の目には残像が残るので、コンマ何秒かは光っているように見えるのですが
実際に光るのはほんの一瞬、0.00X秒といった単位でしか光っておらず
シャッタースピードをかなり落とさない限り、捉えるのは難しいのかもしれません。

この日はご覧のとおりの快晴。シャッタースピードを落とすこともままならず
このときばかりは融通の利く一眼レフを持ってきていれば良かったと後悔しました。


P.S.

その後雲が晴れ、月が顔を出しました。
面倒だったので手持ちで撮影。
案の定ブレていますが、せっかくですので皆既月食の月を
アップしておきます。

皆既月食20111210

2011/12/3・4 丹波・但馬・丹後2011年12月25日 23時42分00秒

紅葉には少し遅いかと出かけたのですが、それどころか冬の天気。
晴れたかと思うとにわかに雲が拡がり、雨が降り出します。
町歩きには非常に落ち着かない空模様でしたが、
気合いで何とか目的地を
巡ってきました。

訪問地は以下の通りです。
 兵庫県篠山市
 兵庫県朝来市竹田
 兵庫県豊岡市出石
 京都府宮津市
 京都府伊根町

今回は観光メインで鍾馗探索は二の次です。
とはいえ性分で町を歩いていても気になるのは屋根の上。
全般的な傾向としては雪も多い気候のためか、黒っぽい釉薬瓦が主流で
関西地方とは異なって飾り瓦も鯱が多く、鍾馗さんをはじめとして恵比寿・大黒などもほとんど見られないようです。

以前、舞鶴で収穫があったので、隣接する宮津にはかなり期待を持って訪問したのですが空振りでした。

ただ、今回の訪問はそれほどしっかり見て回ったわけではないので、
きちんと探索すれば見つかるのかもしれませんが・・

非常に不安定な天気に振り回された二日間でしたが、
そのおかげで目にする景色はなかなかのものでした。

いくつか写真を貼っておきます。

竹田城址
(竹田城址)

天橋立(成相寺より)
(成相寺からの天橋立)

虹(由良川河口)
(宮津市・由良川河口付近)


今回、見つけた鍾馗さんはわずかに1体(^^;

篠山市の鍾馗さん
(篠山市二階町)

帰ってから写真をチェックすると、横に銘らしきものが入っているようです。
現場ではまったく気づかず、迂闊でした。