お待たせしました!2017年06月07日 23時55分17秒

お待たせです!

本宅『鍾馗博物館』の久々の更新です。
インドに行ってからずっと滞っていましたが、
昨年一月分(一年半前!!)の記録をアップしました。

これからペースを上げて出番待ちの鍾馗さんたちを
紹介していきます。


橿原市葛本町の鍾馗さん


伊賀上野近郊探索 おまけ2017年01月31日 21時13分16秒

1月21日と29日の伊賀上野近郊探索で目にした、鍾馗さん以外の飾り瓦をご紹介します。

この地域の屋根はとても瓦に凝っていて、年代のありそうな如何にも腕の冴えた作品をいくつも目にしました。
定番の恵比寿・大黒に次いで第三の位置を占めているのが鯉、よそでは稀にしか見ない琴高仙人(きんこうせんにん)が、なぜかやたらと多かったのが印象的でした。

琴高仙人
琴高仙人

琴高仙人
琴高仙人

十万円の布袋
金拾万円入 ちょっとけちくさいと思いましたが・・

十万円の布袋
明治三十八年の銘入り。
この時代ならすごい大金でしょう。

猪退治の武将
猪にまたがる武将

この故事にちなんでいるのでしょうか?


騎馬の武将
騎馬の武将

左の文字
平家物語にある先陣争いが由来のようです。


恵比寿
定番の恵比寿さん


恵比寿
同じお宅の恵比寿さん


尾長鶏
謎の鳥

始めは雉かと思いました。でもよく見ると鶏のようなとさかがある。
鶏にしては尾羽が立派過ぎます。
孔雀にしてはとさかの形が合わない。
こうして迷ったときにいつもお世話になるサイト
で調べてみると、鳳凰にもとさかがあるようですが、
とまっている樹は鳳凰に付き物の桐ではなさそうです。
うーん、答えがでません。


謎の僧侶
謎の坊さん

旧大和街道を上野から木津川を渡ったあたりにいて、
洋風建築の屋上から川の方を見ていました。
等身大で瓦製ではなくコンクリートのようです。
このあたりは伊賀盆地の河川が集まって木津方面に流出していく地点で
低地のため昔から水害に悩まされてきたようです。
川の氾濫を見張っているのかもしれませんが、本当のところは不明。
羽織袴を着用しているようにも見えるので、聖職者ではないかもしれません。
ポーズが弱々しくてちょっと頼りない。


波うさぎがたくさん見られました。
九羽連続でどうぞ。

波うさぎ
波うさぎ1

波うさぎ
波うさぎ2

波うさぎ
波うさぎ3

波うさぎ
波うさぎ4

波なしうさぎ
波なしうさぎ5

波うさぎ
波うさぎ6

波うさぎ
波なしうさぎ7

波うさぎ
波うさぎ8

波うさぎ
波うさぎ9

それぞれの場所をGoogleマップに公開しました。
おひまでしたらご覧ください。

(鍾馗さん以外の場所は結構適当です)


2017/1/29 伊賀上野郊外(伊賀神戸~猪田道)2017年01月30日 23時03分36秒

先週に続き、二週連続で伊賀上野に行ってきました。
まだ前回の「つづき」をアップできていませんが、
取り急ぎ今回見つけた鍾馗さんをご報告します。

今回は近鉄伊賀神戸駅から伊賀鉄道の猪田道駅まで歩きました。

伊賀市下神戸の鍾馗さん
伊賀市下神戸

伊賀市下神戸の鍾馗さん
伊賀市下神戸

歩いたコースから少し離れたところにいたのですが、たまたまそちらを見た時、
からすが鍾馗さんの頭にとまっていたので目に入りました。

伊賀市下郡の鍾馗さん
伊賀市下郡

伊賀市山出の鍾馗さん
伊賀市山出

伊賀市山出の鍾馗さん
伊賀市山出 #584

伊賀市山出の鍾馗さん
伊賀市山出 #1124

2017/1/21 伊賀上野郊外2017年01月24日 21時54分19秒

新年のごあいさつもないまま、今年初探訪の報告です。
伊賀上野の郊外をちょっと一回りしてきました。
二回に分けてまずは鍾馗さんから紹介します。

伊賀市長田の鍾馗さん
伊賀市長田

伊賀市長田の鍾馗さん(拡大)
胸にはいろいろ刻まれていて、
『防十萬敵』 『???』 『大正五年十月』
ちょうど百歳くらい。
世界では第一次世界大戦の真っ盛り、日本も中華民国と事を構えていたころで
何かときな臭い世相だったのでしょうか。

伊賀市西高倉の鍾馗さん
伊賀市西高倉

伊賀市西高倉の鍾馗さん(拡大)
少し離れた集落でも、よく似た鍾馗さんがいました。

伊賀市西高倉の鍾馗さん
伊賀市西高倉
さらに少し北でも。
横倒しですが同じ鍾馗さんと思われます。

伊賀市西高倉の鍾馗さん
伊賀市西高倉
そのすぐ近くでもさらに。

伊賀市西高倉の鍾馗さん(拡大)
他の三体に比べると素人っぽい造りの鍾馗さんですが、
威勢のよさは十倍です。

以上はまとめて#1605に分類予定。



伊賀市西高倉の鍾馗さん
伊賀市東高倉
こちらは伊賀上野限定鍾馗さんで、既に兄弟が三体知られています。

伊賀市東高倉の鍾馗さん
伊賀市東高倉(おとんさん情報提供)
こちらは上野市街地に続き、二体目の発見
瓜二つですが、細部が微妙に違っていて手びねりの鍾馗さんのようです。

伊賀市東高倉の鍾馗さん
伊賀市東高倉(おとんさん情報提供)
脚を開いて踏ん張っているこの鍾馗さんも伊賀上野特産。
だいぶ雰囲気の違う、腹違い?の鍾馗さんがこれまでに八体記録されています。

伊賀市野間の鍾馗さん
伊賀市野間
この鍾馗さんも上と同じ#555に分類します。
犬に鳴かれてブレてしまった・・情けない。

伊賀市西高倉の鍾馗さん
伊賀市西高倉

今回の伊賀行を決定づけた「三婆」鍾馗さん。
#558でした。
今回近くで三体見つけて合計六体になりました。
寸分違わないので地域限定の型抜き鍾馗さんのようです。

次回は鍾馗さん以外で目についた瓦をご紹介の予定です。

2016/12/3 滋賀県~『和夫写真館』追っかけ その22016年12月07日 21時58分04秒

前週に引き続き『和夫写真館』で紹介されている鍾馗さんを訪ねて
滋賀県下をうろうろしました。

和夫写真館では町名までしかヒントがないので
事前にストリートビューで見つけられたもの以外は
現地で探し回ることになります。
先週に比べ、探せど見つからない鍾馗さんも多い一日でした。

日野町杉の鍾馗さん
日野町杉

八幡系です。
ほとんど遊んでいるような造り。


東近江市布施町の鍾馗さん
東近江市布施町

小ぶりな鍾馗さん。古いものではなさそうです。


近江八幡市長光寺町の鍾馗さん
近江八幡市長光寺町

両手が欠損してかわいそうですが、本人は至ってのんびりした表情。

近江八幡市西元町の鍾馗さん
近江八幡市西元町

#541の仲間と見立てました。
ウンチクはそのうち博物館にて。

近江八幡市孫平治町の鍾馗さん
近江八幡市孫平治町

下の鍾馗さん(#523)の裏(反対側)にいる鍾馗さんです。
2012年の発見時は正面から撮影できる場所が見つからなかったのですが
今回、一本東の筋で撮影ポイントを見つけました。
言い訳しますが、遠い/逆光/手前の木の枝が邪魔でフォーカスが合わない
悪条件が揃ってこんな写真しか撮れませんでした・・
よく似たお顔ですが鬼は踏んでいないようですね。

近江八幡市孫平治町の鍾馗さん
表の鍾馗さんです(2012年撮影)

【訃報】
近江八幡市孫平治町の鍾馗さん
(2012年撮影)
2012年に発見した、裸足の鍾馗さんの向かいにあがっていた鍾馗さんですが、
今回、更地になっていました。探訪していて一番悲しい瞬間です。

近江八幡市孫平治町・鍾馗さんのいたお宅跡




この後、長命寺近くの近江八幡市島町へ行きましたが、
お目当ての鍾馗さんは見つからず
彦根に飛びます。


彦根市栄町の鍾馗さん
彦根市島町

まち遺産ネットひこね』の鈴木さんに教えていただいた
珍しい線刻鍾馗さん。
安政年間に建てられた足軽屋敷にあります。
彦根市の指定文化財に指定されており、安泰です。
守ってくれる人々がいるのはありがたいことですね。

この後、さらに長浜へ。我ながらあさましい。

長浜市三ツ矢町の鍾馗さん
長浜市三ツ矢町

これも鈴木さんからいただいた情報。
滋賀県では彦根より北ではめっきり鍾馗さんの姿が少なくなります。
以前に長浜中心部を探索したこともありますが収穫ゼロでした。
長浜では初の鍾馗さんです。


長浜市野瀬町の鍾馗さん
長浜市野瀬町

長浜市といってもここは旧浅井町に属し、ずいぶん山に入り込んだ所です。
それでも集落の雰囲気は旧街道筋のように歴史を感じさせるもので、
山奥の割には、と言っては失礼ですが品格のあるたたずまいでした。
ネットで探した情報では、商業(行商)を中心とした村だったようです。


ところでこちらは京都・伏見の浅田製瓦工場 初代浅田徳三郎の作品ではないかと
思います。

初代浅田作の鍾馗さんたち

これまでこの二体を見つけていますが、
それらに比べても少し小ぶりですが、丁寧な造りの力作です。

2016/11/26 滋賀県~『和夫写真館』追っかけ その12016年11月30日 22時45分19秒

『和夫写真館』というサイトがあって、滋賀県下の祭の記録がメインなのですが
その中に滋賀県内の鍾馗さんを掲載しているコーナーがあります。


少し前にインドで見つけていたのですがとても充実していて、
見たことのない鍾馗さんが満載。
帰国したらすぐに行きたかったのですが、週末ようやく訪ねることができました。
今回紹介する鍾馗さんはすべて初見ですが、
最後の三体を除き、いずれも『和夫写真館』に載っていた鍾馗さんです。


栗東市林の鍾馗さん
栗東市林


栗東市手原の鍾馗さん
栗東市手原


栗東市綣の鍾馗さん
栗東市綣(へそ)


野洲市西河原の鍾馗さん

野洲市西河原の鍾馗さん
野洲市西河原

この鍾馗さんを探し当てるのにはてこずりました。

野洲市西河原・鍾馗さんのおわす豪邸
野洲市西河原・豪邸の薬井門
立派なお屋敷の薬医門。
下り棟の先端が鍾馗さん。珍しい位置ですがお向かいはお寺さん。


野洲市吉川の鍾馗さん
野洲市吉川


野洲市吉川の鍾馗さん
野洲市吉川


守山市幸津川町の鍾馗さん
守山市幸津川町


近江八幡市鷹飼町の鍾馗さん
近江八幡市鷹飼町


近江八幡市江頭町の鍾馗さん

近江八幡市江頭町の鍾馗さん
近江八幡市江頭町


近江八幡市江頭町の鍾馗さん

近江八幡市江頭町の鍾馗さん

近江八幡市江頭町の鍾馗さん
近江八幡市江頭町

上の二体は八幡系の秀作。
まだまだ会いたい鍾馗さんがたくさんいますが、ここでタイムアップ。
終盤で彼らに出会えて、テンションマックスの土曜日でした。

ところで、『和夫写真館』主催者の方にぜひ連絡を取りたかったのですが
サイト上には連絡先がないようです。
もし、この記事をご覧いただけたら、ぜひ連絡をお願いいたします。


2016/11/5 山梨県笛吹市2016年11月29日 22時09分26秒

インドにいながらネットサーフィンしていて見つけた鍾馗さん。

地元の地域再発見プロジェクトが作成した街歩きマップです。
(トップページ)
(マップ)

山梨在住のnaoさんにフォローしていただいて盛り上がっていました。

このたび、『ワインツーリズムやまなし 2016』というイベントに参加して
ワインをぐびぐび飲んできたのですが、
点在するワイナリーからこの鍾馗さんは徒歩圏内。
行ってきました。

鍾馗さんののる豪邸

笛吹市上矢作。
ぶどう畑の中に建つ豪邸。


笛吹市上矢作の鍾馗さん

残念ながら逆光。絶好のワイン日和でしたが・・


笛吹市上矢作の鍾馗さん・うしろから

後ろ姿がかわいい。

周辺も少し探してみましたが、他には発見できず。


勝沼ぶどう郷駅から南アルプスを望む

本当に最高の天気でした。
勝沼ぶどう郷駅から甲府盆地の向こうに南アルプスを望む。


この日の収穫

本日の戦利品。


2016/10/22 常滑2016年11月02日 23時22分17秒

常滑市は伊勢湾と三河湾の間の知多半島の中央あたりに位置して
現在では中部国際空港(セントレア)で有名になっています。

ここは鍾馗さんが質量ともに充実していて
愛知県内ではイチ押しの鍾馗さんスポットです。

(以前の紹介記事)

最近、常滑駅周辺がやたらにぎわっています。
なんとポケモンGO!の聖地になっているみたいで、
皆、スマホ見ながら駅周辺をうろうろしています。

私の方は鍾馗さんGO!でいつものごとく単独行。

この日のルートは小鈴谷から北上して中心街の「やきもの散歩道」までの約15km。

【新発見の鍾馗さん】

常滑市小鈴谷の鍾馗さん
(01)常滑市小鈴谷
#003 の仲間。知多半島中部でぽつぽつと見つかる手びねり鍾馗さんです。


常滑市山方町の鍾馗さん
(02)常滑市山方町
#005 の仲間。
こちらも常滑周辺に特徴的な鍾馗さんで、下の方にいる(06)(08)の兄弟です。


常滑市栄町の鍾馗さん
(03)常滑市栄町
最近とみに観光地らしくなってきた、やきもの散歩道の一角にある
工場を改造した店舗に飾られています。
娘からの情報で訪ねました。
もちろん古いものではないと思います。

やきものの散歩道 窯や
こんな感じで置かれてます。


【以下は再確認の鍾馗さん】

常滑市大谷の鍾馗さん
(04)常滑市大谷


常滑市大谷の鍾馗さん
(05)常滑市大谷
同じく #869


常滑市古場町の鍾馗さん
(06)常滑市古場町

常滑市山方町の鍾馗さん
(07)常滑市山方町


常滑市奥条の鍾馗さん
(08)常滑市奥条
これも(02)(06)と同じ #005


常滑市市場町の鍾馗さん
(09)常滑市市場町
10年以上前から知っていて気になる鍾馗さんなのですが・・・
背中側はよく見えるのに反対側は入り組んだ路地で、
何度さまよっても顔が見えるポイントがありません。


観光地化とともに中心部の過疎化、古い民家の更新も進んでいます。
早く行かないと・・

2016/1/4 新ノ口→柳本 2016/10/15 真菅→黒田2016年10月25日 22時46分59秒

皆さま、お久しぶりでございます。
無事インドから戻ってきて、ぼちぼちと探訪を再開しています。

インドにいて思い浮かべるのは原点の奈良。
1月に一時帰国した際に
橿原市新ノ口→葛本町→十市町→田原本町千代→笠形→蔵堂→伊与戸→大木→金沢→天理市遠田町→檜垣町→柳本町
先週に
橿原市中曽司町→土橋町→豊田町→大垣町→小槻町→飯高町→田原本町満田→矢部→薬王寺→保津→宮古→黒田
と歩きました。
ここでは二回分の記録をあげておきます。

どちらのコースも再訪集落ばかりですが、なかには10年ぶりのところもあります。
【新着】
橿原市葛本町の鍾馗さん
橿原市葛本町
#428の仲間かと思いましたが違うみたい。

橿原市葛本町の鍾馗さん
橿原市葛本町 服部さん情報

橿原市十市町の鍾馗さん
橿原市十市町

橿原市十市町の鍾馗さん
橿原市十市町 上と同じタイプ

橿原市十市町の鍾馗さん
橿原市十市町 
よく似た感じの鍾馗さんはときどき見かけるが同定できず。


橿原市十市町の鍾馗さん
橿原市十市町 
正面から顔が見えないと、途端に同定は難しくなります。
#362かなぁと思ったのですが、あまり自信はない。

田原本町大木の鍾馗さん
田原本町大木 おとんさん情報

田原本町矢部の鍾馗さん
田原本町矢部
新しそう。#414の仲間だと思う。


【以下は再確認の鍾馗さん】
橿原市葛本町の鍾馗さん
橿原市葛本町 #846

田原本町千代の鍾馗さん
田原本町千代 #1439 

田原本町蔵堂の鍾馗さん
田原本町蔵堂 #207 

田原本町金沢の鍾馗さん
田原本町金沢 #144 

田原本町大木の鍾馗さん
田原本町大木 #079

田原本町大木の鍾馗さん
田原本町大木 上と同じタイプ、同じ家にあげられている。

田原本町満田の鍾馗さん
田原本町満田 #301 

田原本町満田の鍾馗さん
田原本町満田 #355

田原本町矢部の鍾馗さん
田原本町矢部 #1102

田原本町宮古の鍾馗さん
田原本町宮古 #273

歩くとすぐに疲れるし、鍾馗さんを探す嗅覚はなくなっているし。
写真は手ブレばかりだし。
リハビリにもう少しかかるかな。

2014/9/27 御所~高田 下街道2014年12月15日 02時36分59秒

ようやく残暑も収まるころを見計らって、奈良へ行ってきました。
(寒波の日本では変な書き出しですが、3か月も前の話です。すみません)

近鉄で御所まで行き、だいたい下街道沿いに北上しました。
ほとんどの所は再訪、再々訪なので、新発見はあまり期待できないのですが、
暑さも和らぎ、赴任を控えてそうそう出かけられないので、
あまりがつがつせず、のんびり歩ければいいやと出かけています。

真っ青な青空が広がる気持ちの良い日でしたが、
ハングリー精神に欠けた心持ちには幸運の神様は微笑んでくれず、
あっと驚く出会いはありませんでした。

以下の鍾馗さんはいずれも再録、
もしくは服部さん/おとんさんに教えていただいていたものです。


大和高田中三倉堂の鍾馗さん
大和高田市中三倉堂 百鶴銘 #293


大和高田市藤森の鍾馗さん
大和高田市藤森 #609 収録予定


大和高田市藤森の鍾馗さん
大和高田市藤森 #598 収録予定


大和高田市土庫の鍾馗さん
大和高田市土庫町 #356


大和高田市土庫の鍾馗さん
大和高田市土庫町 #357


大和高田市日乃出町の鍾馗さん
大和高田市日之出町 #140