鍾馗砂漠を行く その1 長浜市南部2017年09月26日 21時36分31秒

いよいよ過ごしやすくなってきて、本格的な探訪を再開です。

夏の間ごろごろしてすっかり鈍った体を起こすために、開幕戦はしっかり歩きたいところですが・・

鍾馗さんがたくさん見つかりそうなところはだいたい行き尽してしまって、
探訪ポイントは点々と残っているのですが、ポイント間の距離があり過ぎて
間を歩いてつなぐのはちょっとつらい。
クルマや公共交通でつなぐことになりますが、それでは『歩くぞ~』に反します。

そこで思いついたのが鍾馗砂漠シリーズ。

ほとんど鍾馗さんがいないことがわかっていて、
これまで敬遠していた所に行ってみよう!というわけです。

米原から北の湖北地方は鍾馗好きには有名な鍾馗砂漠。
近江八幡、野洲といった湖東地方は八幡系に代表される鍾馗さんのメッカなのですが
彦根辺りからは少なくなってきて米原以北ではすっかり見つからなくなります。

昔、旧伊吹町を歩いた時も、延々歩いて収穫はゼロ。

長浜などは古い町並みがよく残されているのですが、言葉を失うほど見つからない。
何度が沈没した後に昨年、地元の方のお導きでようやく鍾馗さんを記録しました。

長浜を中心とした琵琶湖東岸の湖北地域には旧街道も何本か通り、
とても趣のある集落もたくさん残されています。
これから何回かに分けてこの辺りを散歩のつもりで歩いてみようと思います。

第一回のコース:田村駅からぐるっと回って長浜駅まで

今回の目標:一体でも見つかれば成功。


好天、しかも薄い雲が直射光を遮ってくれる絶好の探訪日和です。

ちょうど彼岸花の季節。そして辻々から金木犀の強い香りが漂ってきます。
どちらも普段はまったく目立ってないのに、このわずかな期間だけ強烈な存在感です。




その他にも、
季節外れのハスの花

野生のミント

名前のわからない花(大豆畑に生えていた)

と美しい田園風景に加え、いろいろな花が目を楽しませてくれました。


と、このブログで風景や花を語るときはたいてい鍾馗日照りなのですが・・

今回は、


鍾馗さん見つけました!!


長浜市名越町の鍾馗さん
長浜市名越町

小さな蔵で建て替えられ、瓦も葺き直されているのですが、鍾馗さんを残してくれたみたいで、なかなか古そうな鍾馗さんです。

この鍾馗さんの近くに量産の鍾馗さん二体。
観光地化が進む長浜の黒壁スクエア近くで、京都伏見 浅田瓦さん製の
今出来鍾馗さん一体。
都合四体がこの日の収穫でした。

砂漠にしては上出来。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
島根県の県庁所在地は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kite5656.asablo.jp/blog/2017/09/26/8684569/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。