鍾馗砂漠を行く その1 長浜市南部2017年09月26日 21時36分31秒

いよいよ過ごしやすくなってきて、本格的な探訪を再開です。

夏の間ごろごろしてすっかり鈍った体を起こすために、開幕戦はしっかり歩きたいところですが・・

鍾馗さんがたくさん見つかりそうなところはだいたい行き尽してしまって、
探訪ポイントは点々と残っているのですが、ポイント間の距離があり過ぎて
間を歩いてつなぐのはちょっとつらい。
クルマや公共交通でつなぐことになりますが、それでは『歩くぞ~』に反します。

そこで思いついたのが鍾馗砂漠シリーズ。

ほとんど鍾馗さんがいないことがわかっていて、
これまで敬遠していた所に行ってみよう!というわけです。

米原から北の湖北地方は鍾馗好きには有名な鍾馗砂漠。
近江八幡、野洲といった湖東地方は八幡系に代表される鍾馗さんのメッカなのですが
彦根辺りからは少なくなってきて米原以北ではすっかり見つからなくなります。

昔、旧伊吹町を歩いた時も、延々歩いて収穫はゼロ。

長浜などは古い町並みがよく残されているのですが、言葉を失うほど見つからない。
何度が沈没した後に昨年、地元の方のお導きでようやく鍾馗さんを記録しました。

長浜を中心とした琵琶湖東岸の湖北地域には旧街道も何本か通り、
とても趣のある集落もたくさん残されています。
これから何回かに分けてこの辺りを散歩のつもりで歩いてみようと思います。

第一回のコース:田村駅からぐるっと回って長浜駅まで

今回の目標:一体でも見つかれば成功。


好天、しかも薄い雲が直射光を遮ってくれる絶好の探訪日和です。

ちょうど彼岸花の季節。そして辻々から金木犀の強い香りが漂ってきます。
どちらも普段はまったく目立ってないのに、このわずかな期間だけ強烈な存在感です。




その他にも、
季節外れのハスの花

野生のミント

名前のわからない花(大豆畑に生えていた)

と美しい田園風景に加え、いろいろな花が目を楽しませてくれました。


と、このブログで風景や花を語るときはたいてい鍾馗日照りなのですが・・

今回は、


鍾馗さん見つけました!!


長浜市名越町の鍾馗さん
長浜市名越町

小さな蔵で建て替えられ、瓦も葺き直されているのですが、鍾馗さんを残してくれたみたいで、なかなか古そうな鍾馗さんです。

この鍾馗さんの近くに量産の鍾馗さん二体。
観光地化が進む長浜の黒壁スクエア近くで、京都伏見 浅田瓦さん製の
今出来鍾馗さん一体。
都合四体がこの日の収穫でした。

砂漠にしては上出来。

2017.7.8 松本周辺 22017年07月19日 22時48分37秒

午後からは少し北に移動して、明科周辺から追っかけ開始。

まずは押野交差点近くの4人兄弟。
一軒の家で四方を固めています。
こちらの親戚 #1334

明科三貴の鍾馗さん

明科七貴の鍾馗さん

明科七貴の鍾馗さん

明科七貴の鍾馗さん

四人が四人とも、蜘蛛に気に入られて痒そうです。


次は明科中川手。JR明科駅の裏手でした。

この鍾馗さんには兄弟が結構います。 #1275

明科中川手の鍾馗さん

同じお宅の鍾馗さん こちらは #1278

明科中川手の鍾馗さん

元々は鬼瓦の位置に置かれていたのだと思いますが、
ずいぶん変わった形状の鬼瓦です。


ここから少し山あいに入り、行政区分では松本市に戻ります。
以前にさんろくさんに案内いただいた善光寺街道会田宿を通って中川地区へ。


松本四賀中川の鍾馗さん

県道から見えないことはないようですが、かなり離れており、
さんろくさんの情報がなければ一生巡り会えない鍾馗さんでしょう。


次の鍾馗さんはお隣りの谷筋。車道からは見下ろす位置に鍾馗さんがいます。


手抜きして見下ろしながら撮影したのでわかりにくいですが、
二つ上の鍾馗さんの兄弟です。 #1278

松本市四賀中川の鍾馗さん

信州の鍾馗さんの場合、背景が緑の場合が結構多くて良い感じ。


最後、さらに隣の谷筋の板場集落で
とっても素朴な昆虫風鍾馗さん。

松本市四賀中川の鍾馗さん


ここまでで時間切れ。
探し当てることができなかった鍾馗さんがまだいます。

さんろくさんからの宿題となった鍾馗さん


2017.7.8 松本周辺 12017年07月17日 23時13分29秒

バンガロール赴任中に急逝されたさんろくさん。

弔問に伺うこともできず、ずっと心に引っかかっていましたが、
先日ようやくご遺族に挨拶することができました。

奥様がお子様達のサポートも受けながら、お店も以前と変わりなく営業を続けておられてほっとしました。


また、さんろくさんが取り組んでいたテーマブログも没後に原稿を整理して
そのまま公開されているようです。



さて、さんろくさんが生前発見した鍾馗さんで、未見のものが何体も残されていて、
今回それらを単独行で探してみました。

1.松本市里山辺周辺
美ケ原温泉郷としての温泉旅館街、古くからの住宅街、松本近郊の新興住宅街が混在した地域。
この付近でさんろくさんは11体の鍾馗さんを見つけていました。
このうち、8体を見つけることができました。

会えなかった3体は
 外から見えないかうろうろしていましたが、場所が場所だけに無茶はできず・・
 この資料館は現在耐震補強工事中で当分の間休館。
 記事中、3体目の地面におりた鍾馗さん。この鍾馗さんは見つけることができませんでした。

以下、里山辺周辺で見つけることのできた鍾馗さんたちです。

4)、5) 松本市里山辺
蔵の両端にいます。
さんろくさんの写真からは一体の杖と剣の先が失われています。

松本市里山辺の鍾馗さん

松本市里山辺の鍾馗さん

6) 松本市里山辺

前の鍾馗さんのほど近く、
鳥衾に刻まれたとても珍しい鍾馗さん。

松本市里山辺の鍾馗さん

7)、8) 松本市里山辺

この二体もすぐ近く、棟の両端に対であがっています。
人間離れした形相がすごい。

松本市里山辺の鍾馗さん

松本市里山辺の鍾馗さん


9)、10)、11) 松本市惣社

この三体も一軒のお宅にあがっています。
逆光の二体は敷地に入れていただいたさんろくさんの写真に遠く及びません。

松本市惣社の鍾馗さん

松本市惣社の鍾馗さん

松本市惣社の鍾馗さん


続きます。

お待たせしました!2017年06月07日 23時55分17秒

お待たせです!

本宅『鍾馗博物館』の久々の更新です。
インドに行ってからずっと滞っていましたが、
昨年一月分(一年半前!!)の記録をアップしました。

これからペースを上げて出番待ちの鍾馗さんたちを
紹介していきます。


橿原市葛本町の鍾馗さん


伊賀上野近郊探索 おまけ2017年01月31日 21時13分16秒

1月21日と29日の伊賀上野近郊探索で目にした、鍾馗さん以外の飾り瓦をご紹介します。

この地域の屋根はとても瓦に凝っていて、年代のありそうな如何にも腕の冴えた作品をいくつも目にしました。
定番の恵比寿・大黒に次いで第三の位置を占めているのが鯉、よそでは稀にしか見ない琴高仙人(きんこうせんにん)が、なぜかやたらと多かったのが印象的でした。

琴高仙人
琴高仙人

琴高仙人
琴高仙人

十万円の布袋
金拾万円入 ちょっとけちくさいと思いましたが・・

十万円の布袋
明治三十八年の銘入り。
この時代ならすごい大金でしょう。

猪退治の武将
猪にまたがる武将

この故事にちなんでいるのでしょうか?


騎馬の武将
騎馬の武将

左の文字
平家物語にある先陣争いが由来のようです。


恵比寿
定番の恵比寿さん


恵比寿
同じお宅の恵比寿さん


尾長鶏
謎の鳥

始めは雉かと思いました。でもよく見ると鶏のようなとさかがある。
鶏にしては尾羽が立派過ぎます。
孔雀にしてはとさかの形が合わない。
こうして迷ったときにいつもお世話になるサイト
で調べてみると、鳳凰にもとさかがあるようですが、
とまっている樹は鳳凰に付き物の桐ではなさそうです。
うーん、答えがでません。


謎の僧侶
謎の坊さん

旧大和街道を上野から木津川を渡ったあたりにいて、
洋風建築の屋上から川の方を見ていました。
等身大で瓦製ではなくコンクリートのようです。
このあたりは伊賀盆地の河川が集まって木津方面に流出していく地点で
低地のため昔から水害に悩まされてきたようです。
川の氾濫を見張っているのかもしれませんが、本当のところは不明。
羽織袴を着用しているようにも見えるので、聖職者ではないかもしれません。
ポーズが弱々しくてちょっと頼りない。


波うさぎがたくさん見られました。
九羽連続でどうぞ。

波うさぎ
波うさぎ1

波うさぎ
波うさぎ2

波うさぎ
波うさぎ3

波うさぎ
波うさぎ4

波なしうさぎ
波なしうさぎ5

波うさぎ
波うさぎ6

波うさぎ
波なしうさぎ7

波うさぎ
波うさぎ8

波うさぎ
波うさぎ9

それぞれの場所をGoogleマップに公開しました。
おひまでしたらご覧ください。

(鍾馗さん以外の場所は結構適当です)


2017/1/29 伊賀上野郊外(伊賀神戸~猪田道)2017年01月30日 23時03分36秒

先週に続き、二週連続で伊賀上野に行ってきました。
まだ前回の「つづき」をアップできていませんが、
取り急ぎ今回見つけた鍾馗さんをご報告します。

今回は近鉄伊賀神戸駅から伊賀鉄道の猪田道駅まで歩きました。

伊賀市下神戸の鍾馗さん
伊賀市下神戸

伊賀市下神戸の鍾馗さん
伊賀市下神戸

歩いたコースから少し離れたところにいたのですが、たまたまそちらを見た時、
からすが鍾馗さんの頭にとまっていたので目に入りました。

伊賀市下郡の鍾馗さん
伊賀市下郡

伊賀市山出の鍾馗さん
伊賀市山出

伊賀市山出の鍾馗さん
伊賀市山出 #584

伊賀市山出の鍾馗さん
伊賀市山出 #1124

2017/1/21 伊賀上野郊外2017年01月24日 21時54分19秒

新年のごあいさつもないまま、今年初探訪の報告です。
伊賀上野の郊外をちょっと一回りしてきました。
二回に分けてまずは鍾馗さんから紹介します。

伊賀市長田の鍾馗さん
伊賀市長田

伊賀市長田の鍾馗さん(拡大)
胸にはいろいろ刻まれていて、
『防十萬敵』 『???』 『大正五年十月』
ちょうど百歳くらい。
世界では第一次世界大戦の真っ盛り、日本も中華民国と事を構えていたころで
何かときな臭い世相だったのでしょうか。

伊賀市西高倉の鍾馗さん
伊賀市西高倉

伊賀市西高倉の鍾馗さん(拡大)
少し離れた集落でも、よく似た鍾馗さんがいました。

伊賀市西高倉の鍾馗さん
伊賀市西高倉
さらに少し北でも。
横倒しですが同じ鍾馗さんと思われます。

伊賀市西高倉の鍾馗さん
伊賀市西高倉
そのすぐ近くでもさらに。

伊賀市西高倉の鍾馗さん(拡大)
他の三体に比べると素人っぽい造りの鍾馗さんですが、
威勢のよさは十倍です。

以上はまとめて#1605に分類予定。



伊賀市西高倉の鍾馗さん
伊賀市東高倉
こちらは伊賀上野限定鍾馗さんで、既に兄弟が三体知られています。

伊賀市東高倉の鍾馗さん
伊賀市東高倉(おとんさん情報提供)
こちらは上野市街地に続き、二体目の発見
瓜二つですが、細部が微妙に違っていて手びねりの鍾馗さんのようです。

伊賀市東高倉の鍾馗さん
伊賀市東高倉(おとんさん情報提供)
脚を開いて踏ん張っているこの鍾馗さんも伊賀上野特産。
だいぶ雰囲気の違う、腹違い?の鍾馗さんがこれまでに八体記録されています。

伊賀市野間の鍾馗さん
伊賀市野間
この鍾馗さんも上と同じ#555に分類します。
犬に鳴かれてブレてしまった・・情けない。

伊賀市西高倉の鍾馗さん
伊賀市西高倉

今回の伊賀行を決定づけた「三婆」鍾馗さん。
#558でした。
今回近くで三体見つけて合計六体になりました。
寸分違わないので地域限定の型抜き鍾馗さんのようです。

次回は鍾馗さん以外で目についた瓦をご紹介の予定です。

2016/12/3 滋賀県~『和夫写真館』追っかけ その22016年12月07日 21時58分04秒

前週に引き続き『和夫写真館』で紹介されている鍾馗さんを訪ねて
滋賀県下をうろうろしました。

和夫写真館では町名までしかヒントがないので
事前にストリートビューで見つけられたもの以外は
現地で探し回ることになります。
先週に比べ、探せど見つからない鍾馗さんも多い一日でした。

日野町杉の鍾馗さん
日野町杉

八幡系です。
ほとんど遊んでいるような造り。


東近江市布施町の鍾馗さん
東近江市布施町

小ぶりな鍾馗さん。古いものではなさそうです。


近江八幡市長光寺町の鍾馗さん
近江八幡市長光寺町

両手が欠損してかわいそうですが、本人は至ってのんびりした表情。

近江八幡市西元町の鍾馗さん
近江八幡市西元町

#541の仲間と見立てました。
ウンチクはそのうち博物館にて。

近江八幡市孫平治町の鍾馗さん
近江八幡市孫平治町

下の鍾馗さん(#523)の裏(反対側)にいる鍾馗さんです。
2012年の発見時は正面から撮影できる場所が見つからなかったのですが
今回、一本東の筋で撮影ポイントを見つけました。
言い訳しますが、遠い/逆光/手前の木の枝が邪魔でフォーカスが合わない
悪条件が揃ってこんな写真しか撮れませんでした・・
よく似たお顔ですが鬼は踏んでいないようですね。

近江八幡市孫平治町の鍾馗さん
表の鍾馗さんです(2012年撮影)

【訃報】
近江八幡市孫平治町の鍾馗さん
(2012年撮影)
2012年に発見した、裸足の鍾馗さんの向かいにあがっていた鍾馗さんですが、
今回、更地になっていました。探訪していて一番悲しい瞬間です。

近江八幡市孫平治町・鍾馗さんのいたお宅跡




この後、長命寺近くの近江八幡市島町へ行きましたが、
お目当ての鍾馗さんは見つからず
彦根に飛びます。


彦根市栄町の鍾馗さん
彦根市島町

まち遺産ネットひこね』の鈴木さんに教えていただいた
珍しい線刻鍾馗さん。
安政年間に建てられた足軽屋敷にあります。
彦根市の指定文化財に指定されており、安泰です。
守ってくれる人々がいるのはありがたいことですね。

この後、さらに長浜へ。我ながらあさましい。

長浜市三ツ矢町の鍾馗さん
長浜市三ツ矢町

これも鈴木さんからいただいた情報。
滋賀県では彦根より北ではめっきり鍾馗さんの姿が少なくなります。
以前に長浜中心部を探索したこともありますが収穫ゼロでした。
長浜では初の鍾馗さんです。


長浜市野瀬町の鍾馗さん
長浜市野瀬町

長浜市といってもここは旧浅井町に属し、ずいぶん山に入り込んだ所です。
それでも集落の雰囲気は旧街道筋のように歴史を感じさせるもので、
山奥の割には、と言っては失礼ですが品格のあるたたずまいでした。
ネットで探した情報では、商業(行商)を中心とした村だったようです。


ところでこちらは京都・伏見の浅田製瓦工場 初代浅田徳三郎の作品ではないかと
思います。

初代浅田作の鍾馗さんたち

これまでこの二体を見つけていますが、
それらに比べても少し小ぶりですが、丁寧な造りの力作です。

2016/11/26 滋賀県~『和夫写真館』追っかけ その12016年11月30日 22時45分19秒

『和夫写真館』というサイトがあって、滋賀県下の祭の記録がメインなのですが
その中に滋賀県内の鍾馗さんを掲載しているコーナーがあります。


少し前にインドで見つけていたのですがとても充実していて、
見たことのない鍾馗さんが満載。
帰国したらすぐに行きたかったのですが、週末ようやく訪ねることができました。
今回紹介する鍾馗さんはすべて初見ですが、
最後の三体を除き、いずれも『和夫写真館』に載っていた鍾馗さんです。


栗東市林の鍾馗さん
栗東市林


栗東市手原の鍾馗さん
栗東市手原


栗東市綣の鍾馗さん
栗東市綣(へそ)


野洲市西河原の鍾馗さん

野洲市西河原の鍾馗さん
野洲市西河原

この鍾馗さんを探し当てるのにはてこずりました。

野洲市西河原・鍾馗さんのおわす豪邸
野洲市西河原・豪邸の薬井門
立派なお屋敷の薬医門。
下り棟の先端が鍾馗さん。珍しい位置ですがお向かいはお寺さん。


野洲市吉川の鍾馗さん
野洲市吉川


野洲市吉川の鍾馗さん
野洲市吉川


守山市幸津川町の鍾馗さん
守山市幸津川町


近江八幡市鷹飼町の鍾馗さん
近江八幡市鷹飼町


近江八幡市江頭町の鍾馗さん

近江八幡市江頭町の鍾馗さん
近江八幡市江頭町


近江八幡市江頭町の鍾馗さん

近江八幡市江頭町の鍾馗さん

近江八幡市江頭町の鍾馗さん
近江八幡市江頭町

上の二体は八幡系の秀作。
まだまだ会いたい鍾馗さんがたくさんいますが、ここでタイムアップ。
終盤で彼らに出会えて、テンションマックスの土曜日でした。

ところで、『和夫写真館』主催者の方にぜひ連絡を取りたかったのですが
サイト上には連絡先がないようです。
もし、この記事をご覧いただけたら、ぜひ連絡をお願いいたします。


2016/11/5 山梨県笛吹市2016年11月29日 22時09分26秒

インドにいながらネットサーフィンしていて見つけた鍾馗さん。

地元の地域再発見プロジェクトが作成した街歩きマップです。
(トップページ)
(マップ)

山梨在住のnaoさんにフォローしていただいて盛り上がっていました。

このたび、『ワインツーリズムやまなし 2016』というイベントに参加して
ワインをぐびぐび飲んできたのですが、
点在するワイナリーからこの鍾馗さんは徒歩圏内。
行ってきました。

鍾馗さんののる豪邸

笛吹市上矢作。
ぶどう畑の中に建つ豪邸。


笛吹市上矢作の鍾馗さん

残念ながら逆光。絶好のワイン日和でしたが・・


笛吹市上矢作の鍾馗さん・うしろから

後ろ姿がかわいい。

周辺も少し探してみましたが、他には発見できず。


勝沼ぶどう郷駅から南アルプスを望む

本当に最高の天気でした。
勝沼ぶどう郷駅から甲府盆地の向こうに南アルプスを望む。


この日の収穫

本日の戦利品。