2010/11/13 高野口⇒名手2010年11月15日 23時19分13秒

ここ一か月ほどは鍾馗を尋ねての遠征はお預け状態でしたが、
久しぶりに遠出してきました。

今回の目的地は和歌山県。

県北端を流れる紀の川に沿って、橋本市高野口町から
紀の川市名手まで、概ね「大和街道」を歩きました。

今回もおとんさんに同行していただいています。

奈良・大阪全域に広がる鍾馗文化は、和歌山県にも多少伝わっていて、
橋本市内では、多くはないもののこれまで10体以上の鍾馗さんを記録しています。

以前に名手市場を訪ねた時に2体の鍾馗さんを見ており、
今回はその間(高野口~名手)に鍾馗さんがあるのかどうか、
確かめるための探訪です。

この日は予報では晴れでしたが、すっきりしない空模様。
おまけにかなりの黄砂で、山並みも霞んでいました。

歩き始めてまもなく、高野口町大野でおとんさんが小さな家の棟端に
鍾馗さん発見。

橋本市大野の鍾馗さん

見たことない様式の優品。
なかなか幸先良いと思ったのですが・・

その後は妙寺、丁ノ町、笠田など、重厚な古民家が残る町並みを
いくつも通過するのですが、立派な鬼瓦をあちらこちらで目にするにも関わらず
鍾馗さんはさっぱり見つかりません。

結局20km強歩いて、見つかった鍾馗さんはこの1体だけでした。

橋本より西に鍾馗さんは、基本伝わっていないと結論するしかありませんね。


時間が余ったので、大阪府へ戻り、おとんさんが和泉市内で発見した
逸品の鍾馗さん達にご案内していただきました。
近日中に鍾馗博物館にアップします。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
島根県の県庁所在地は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kite5656.asablo.jp/blog/2010/11/15/5508604/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。