バンガロール暮らし 38 スリランカ旅行記(11) 街並み雑感2015年10月28日 01時49分31秒

バンガロールとの比較で言うと、
スリランカの街並みは
私にはどこかホッとするものがありました。

あまり都会には行かなかったので、人が少なく
なんとなくゆったりしていたからかもしれませんが、
気が付いたことがあります。

『屋根がある』

バンガロールでは四角いコンクリートの建物ばかりですが、
スリランカでは傾斜がついた屋根に瓦を葺いた家を結構目にします。

田舎の赤瓦の家
(田舎の家 煉瓦のような赤い色の瓦を葺いています)

町屋のような造りの町中の家
(街中の家 つし二階の町屋のような造り)

キャンディの街並み

あと扉が木でできているのも日本人にとっては
何気にポイントが高い。

(スジの家の玄関の木枠もかわいらしいデザイン)


道端のよろずや

路地の商店街

スリランカ キャンディ

キャンディ まちかど

キャンディ 木陰の道


だらだら長い旅行記、最後までお付き合いありがとうございました。

最後に記事のまとめを置いておきます。




コメント

_ かめりん ― 2015年12月05日 18時59分32秒

kiteさん、こんにちは!
やっとkiteさんにご挨拶することが出来た、かめりんです。
バンガロー滞在記も楽しく読ませていただいています。
インドに於いても散歩の達人でいらして、さすがkiteさん!

それにしても、鍾馗道に邁進するkiteさんに憧れ続けて?年。
それなのにkiteさんのブログを拝見し、kiteさんにご挨拶もせずに、
ブログを元に鍾馗さんの探訪をしておりました。
ほんとうに申し訳ありません。
それなのに、私を<鍾馗病>に認定して下さり、うれしい!!
ありがとうございます。

帰国の折には、kiteさんはじめ諸先輩方とご一緒に
鍾馗さん探訪出来る日を、楽しみにしています
約束です・笑

_ kite ― 2015年12月07日 01時54分51秒

かめりんさん、はじめまして!

でも、私もかめりんさんのブログは時折拝見していましたので
はじめましてという感じがしません。

しばらく訪問していなかったのですが、
最近雪だるまさんから連絡いただいて
すごいことになってるよ!ということで訪れて
確かに!と感嘆しました。
よく歩かれてますね~

この鍾馗さんはあそこ、こちらはあそこ、と
思い出していって
改めてかめりんさんの精力的な行動範囲にびっくりです。

帰国の折にはぜひご一緒ください。
おとんさんの南予はちょっと遠すぎるので
三河屋さんの丹波ツアー第二弾!
なんてどうでしょう?

_ かめりん ― 2015年12月08日 02時47分31秒

丹波でも、丹後でも北海道でも(あっ、北海道には鍾馗さんはいないか・笑)
どこへでもお連れください。

kiteさんの足取りを追って探訪する私は、
kiteさんは、こんな所まで歩かれているのか〜〜と感動するばかり。
特に私の故郷である交野・枚方を訪問して下さっていたのには、
びっくりするやら、嬉しいやら!!
また、
不信者と誤解されたり、犬にむやみに吠えられたり、
一日中歩いたのにも関わらず、鐘馗さんに出会えなかった虚しさを、
kiteさんは書かれていましたが、とてもとても共感・笑
でもだからこそ、鍾馗さんに出会えた時の嬉しさは格別ですね〜〜

ああ〜〜kiteさんや皆様の前で、鍾馗さんを思い切り語り合いたい!!
お会い出来る日が、待ち遠しいです。

_ kite ― 2015年12月09日 02時15分50秒

交野、枚方 大好きです!

私部、茄子作、星田といったあたりは夢に出てきそう。
戻ったらまた再訪したいです。

大阪というところ、都会のイメージでしたが
鍾馗さんに導かれて田舎を歩き回るうちに
その歴史の深さに圧倒されています。

奈良と共通する古民家の重厚で優雅なこと!
古い集落をさまよっていると、
そこに住む人の落ち着きのある暮らしぶりが想像されて
根無し草のような自分にはとてもかなわないと感じます。

いいところにお住まいでうらやましい限りです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
島根県の県庁所在地は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kite5656.asablo.jp/blog/2015/10/28/7871952/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。