古都マイソール訪問記(1)2014年08月05日 00時26分27秒

また、インドはバンガロールに来ています。
昨年7月の初訪問以来、一年で早くも6回目です。

6回目ともなると初めの頃に感じていたカルチャーショックもどこへやら。

何処まで行っても人であふれる雑踏も、
信号無視に逆走となんでもありあり、
そこのけそこのけクルマが通る(ただし牛は別格)で
クラクションの鳴り止まない道路状況も、
生ゴミが道端に山となって臭気を発している光景も、
すっかり慣れっこになってきました。

というわけで日常生活のよしなし事をまったく記録しなくなりましたので
今日は昨日観光してきたマイソールのことをご紹介します。

といっても、何の予備知識もなく「暇だから行ってみっか!」という軽いノリです。
詳しいことが知りたければまずはこちらからどうぞ。

南インド有数の勢力を誇ったマイソール王国の都で豪華な宮殿が有名、
というのが訪問前の私の知識レベル。

ちなみに以前にも電車で行こうとチャレンジし、
切符すら買えずに不戦敗したこともあります。

今回は同行者もいることもあり、安全第一でタクシーを手配。
バンガロールからマイソールまでは約150kmあり、
日本で言えば名古屋から京都まで行くようなものです。
日本でそんなことしてタクシーを一日借り切ったら
いったいいくらかかるのでしょう?
想像もできませんが、インドではこんな贅沢ができてしまいます。

朝8時、ホテルに迎えに来てくれた運転手さんに、
「マイソールでは宮殿しか知らないけど、お薦めのところに連れて行ってよ」と
お願いすると、「任せとけ!」って感じで、
宮殿と、動物園と、丘の上にあるお寺と、と言う感じでざっと説明してくれて、
こちらは「OK!任せた」とあっさり決まって出発です。

快適なドライブで2時間半ほど経過して、そろそろマイソールかなと思う頃、
運ちゃんが横道に逸れ、小さな町に道草していきます。
ちらっと見えた看板に「古都xxxxxにようこそ!」
みたいなことが書いてありましたがxxxxxは読めません。
運ちゃんも何か町の名前を言いましたが聞き取れず。
街中にはイスラムのモスクがあったり、ゆったりした町の雰囲気が
普段いるバンガロールや近郊の工業都市とは全然違って心地よい。
「ここはティプーというスルタンのお墓だよ」とか
運ちゃんはいろいろ説明してくれますが、
予備知識がないので全然頭に入りません。
帰ってから復習したらここでした。


車から降りていないので写真はありません。

11時前くらいにマイソール着。まずはマイソール宮殿に向かいました。
想像以上に立派で、ベルサイユとかを思い浮かべる広壮な前庭の背後に
王宮がそびえています。

マイソール宮殿

入場料:インド人40ルピー、外国人200ルピー
何それ!と思いましたが、外国人には無料の音声ガイドが貸してもらえます。
ただし借りるときにパスポートを預けさせられます。
もちろん盗難防止だと思いますが、この辺はインドらしさを感じます。
日本語版もあって「やった」と思ったのですが、
私の借りた機械はヘッドフォンがいかれていて使えませんでした
まあ、本機に耳をあてれば聞こえたのでいいんですけどね。

館内は土足禁止(靴下はOK)。靴は入口近くで預けて裸足で入場します。
裸足になった後に、普通の外の道を歩かされるのがこれもまたインド。
内部の撮影は厳禁。入口でセキュリティチェックもあるので、
カメラは預かり所に預けた方がいいと思います。

訪問者は9割以上がインド人でした。
結構にぎわっていて、内部は押すな押すなの混雑。
押すな押すなといっても日本では最近、実際に行列で
後ろの人から押される経験をすることはほとんどありませんが、
インド人はほんとにぐいぐい押してきます。
これはなかなか慣れないので、弱気な日本人はつい列を外して譲ったり、
列の外から遠巻きに宝物を眺めることになります。
確かに豪華な宝物や贅を凝らした装飾が満載ですが、
遠くからでよく見えなかったので、
あまり印象に残らなかったというのが正直な感想です。

宮殿見学を終えて外に出ると、象がいました。
マイソール宮殿の象

インドで象をみるのは実は初めてです。
観光客を乗せてくれていて、象は1人100ルピー、ラクダは40ルピーだったかな?
とても乗ってみたかったのですが、同行者があまり乗り気でなく見送り。
あとで地元の人に聞いたら、バンガロール近郊の国立公園でも
象に乗せてくれるそうです。そのうち乗るゾウ。

昼になったのでまた運ちゃんにお任せで、「どっかレストランに連れてって」と
お願いすると「インディアンかチャイニーズどっちがいい?」と聞かれ、
「チャイニーズ!」を選択して連れて行ってくれたのはどう見てもインディアン(^^;

でも一応メニューにはタンドリーチキンとかに並んで
フライドライス(=チャーハン)なんかもあったのでまあいいか。
味は美味しく、チキンケバブが120ルピーくらい、チャーハンも120ルピーに
ビールが中瓶くらいで一本140ルピー。
二人合計で710ルピー(大体1200円くらい)
バンガロールで普段食べている半額以下の安さに大満足でした。
ちなみにチャーハンは日本で言えば二人前のボリューム。
二人で分けてちょうどいい量で200円もしない。

空いていたのでウェイターのお兄ちゃんが
なにくれとなくサービスしてくれましたが
支払いを終えると仏頂面。
後で思い出すとほぼぴったりで支払ってしまったので
お兄ちゃんの取り分が雀の涙で、それが不満だったみたいです。
チップはどこに行っても難しいですね。


そういえば、以前の記事で紹介した、濃い顔のおっさんの顔を並べたポスター。
マイソールの街中でも見かけたのですが、
ここのポスターはおっさん達の顔と一緒になぜかタイツ姿のおっさんが
こんなポーズで写っていました(写真なし)
てっきり政党のポスターだと思っていたのですが、
また謎がひとつ増えてしまった。
地元の人に聞いてみます。


またいつものようにだらだらと長くなりました。
次回に続きます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
島根県の県庁所在地は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kite5656.asablo.jp/blog/2014/08/05/7406573/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。