2012/11/18 とことん伊賀上野2012年11月20日 23時34分14秒

伊賀上野は鍾馗好きにとっては「聖地」。

量産品が少なく、目にする鍾馗さんの多くが他の地域には見られない
独特の個性を持っています。

現在は大合併で周辺農村部も含めて広い市域になっていますが、
旧上野市中心街は1km四方くらいとこじんまりとしていて
随所に鍾馗さんが見られるので、私もこれまで四回ほど訪問しています。

今回は一日中この市街地を隅々まで、歩き回ってきました。

22kmほど歩いて、新しく見つけた鍾馗さんは11体でしたが、
現存を再確認した鍾馗さんが41体。
なにより良かったのは、失われた鍾馗さんが一体もありませんでした。
先週の近江八幡では7体もの鍾馗さんが所在不明だったのに比べると
これはすばらしいことです。

伊賀市上野西大手町の鍾馗さん
上野西大手町

町割りが入り組んでいて、金伝寺に向けて置かれる、
下幸坂町#582の背後の家にありました。

胴の「ゆ」の字が特徴で、こちら#1123に分類予定。


伊賀市上野忍町の鍾馗さん
上野忍町

おとんさんからの情報。
#584ですが、#1124のほうが近いように思えます。


伊賀市上野伊予町の鍾馗さん
上野忍町

こちらもおとんさんからの情報。
上野代表 #555の一派ですね。


伊賀市上野田端町の鍾馗さん
上野田端町

これも #555 に分類しました。
古い道のL字カーブの家に置かれた、典型的な突当り鍾馗さんです。
この鍾馗さん、広げた左手には手相があります。
さらに手のひらには縦横三本づつ、格子模様が彫られています。
「九字を切る」まじないで四本、五本というのは時々鍾馗さんにも
彫られているのを目にしますが、三 x 三というのもあるのでしょうか?


CoolPix P510 にもだいぶ慣れてきました。
自分に相性がいいのか、手ブレ防止機構が優秀で、
これまでに比べシャープな写真が取れる確率が明らかに上がっており、
今回、再確認した鍾馗さんの大部分の写真を更新できそうです。


得意のマップを掲載します。拡大してご覧ください。

伊賀上野鍾馗さんマップ

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
島根県の県庁所在地は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kite5656.asablo.jp/blog/2012/11/20/6639049/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。