【0141】奈良の特産種2010年07月22日 23時51分03秒

奈良では非常によく見かけます。
しかし余所ではほとんど見ず、大阪にわずかに記録があるだけ。
奈良ローカルで手広く商売していた瓦屋さんの取り扱い?
奈良盆地全域で見られますが、奈良市や大和郡山市といった北部には少ない。

【分布と記録数】 奈良県(124)、大阪府(6) 合計 (130)
【リンク】 収蔵室

河合町穴闇の鍾馗さん
(河合町穴闇)

この鍾馗さんでは足元の台座が金網のような模様になっています。
この模様にはいろいろなパターンがありますが、
基本的な鍾馗さんの形態はこれひとつ。


広陵町百済の鍾馗さん
(広陵町百済)
唯一、この鍾馗さんだけが、少し雰囲気の違う亜種ですが、
2009年再訪時には見当たらなくなっていました。
失われた可能性が高そうです。

【0080BX】【0078BX1】遠く離れた親戚2010年07月23日 22時49分26秒

南知多町内海の鍾馗さん
(南知多町内海)
【分布と記録数】 愛知県(47)

奈良市中新屋町の鍾馗さん
(奈良市中新屋町)
【分布と記録数】 奈良県(16)、京都府(2)


この2種の鍾馗さん、実によく似ています。
下は斜めに生えた角のような進士巾がトレードマークなのと
顔つきが上に比べ陰気くさいのが特徴。

これだけ似ていながら、分布地は全然違います。
上は愛知県内だけで見られ、
下はほぼ奈良市内のみ。京都府で2体見つけていますが、旧木津町と山城町。
奈良市の隣町です。

なぜこんなことが起こるのでしょうね?

【0094】頼もしい大柄鍾馗さん2010年07月24日 23時22分37秒

分布数をご覧のとおり、関西一円に満遍なく分布しており、
淡路島のタツミさんで現在でも作られているようです。
 ネット販売のサイト

【分布と記録数】 奈良県(25)、京都府(21)、三重県(20)、大阪府(17)、
            愛知県(7)、滋賀県(6)、兵庫県(3) 合計 (99)
【リンク】 収蔵室

田原本町多の鍾馗さん
(田原本町多)
見られるのは、ほとんどはこのタイプ。
どーんと突き出した腹と、がっしり大きい顔が頼もしい。

京都市中京区蛸薬師通の鍾馗さん
(京都市中京区蛸薬師通)
上の鍾馗さんに鬼を付けただけですね。
これはほとんど見かけません。特注品かな?

御所市柳町の鍾馗さん
(御所市柳町)

一見、一番上とどこが違うの?という感じですが、
顔の表情が微妙に違うんですね。
こちらのほうが寄り目で、かなり気が弱そうです。
この鍾馗さんも少ない。

2010/7/24 炎天下の桑名2010年07月25日 23時57分01秒

この猛暑。
さすがの鍾馗気○いにもためらいがありましたが、
「控えめ」な計画を実行することに。

三重県桑名市の行き残している集落を車で移動しながら探訪しました。

ここ数年、猛暑の地として多治見が全国区の知名度となっていますが
今年は桑名も健闘していて、最高気温全国トップも獲得していたような。

よりによってそんなところへ行くこともないような気がしますが、
駅前あたりをうろうろしていれば、ひょっとしてTVに出られるかも(^^;

国土地理院の国土変遷アーカイブで
終戦直後の空撮映像を参考に
いくつかの未訪集落をピックアップしました。

 赤須賀、下野代、小泉、和泉、西方
 多度町力尾、多度町猪飼、多度町古野

手始めの赤須賀は七里の渡しの南側、揖斐川沿いの町で、
以前に通りがかったときから気になっていたところです。
歩いてみると想像通り、整然と直交する細い道に民家が密集して、
四日市市富田によく似た、昔ながらの漁師町の面影を色濃く残していました。

旧多度町では収蔵室#1000を2体発見。
これで計4体となり、多度町周辺のローカル鍾馗であることが
分かってきました。
多度町猪飼の鍾馗さん
(多度町猪飼)


最後に訪問した和泉は鍾馗さん密集地帯でした。
中心の西福寺に向けて、周囲の家が軒並み鍾馗さんをあげていて、計12体。
希少な鍾馗さん、古い鍾馗さんはないのですが、
最近の新築家屋にも見られます。
何があって各戸が鍾馗をあげるに至ったか、
これだけ多いと一時的な鍾馗ブームがあったような気もするし、
不思議です。


予定通り午前中で探訪終了。
この日の桑名の最高気温は37.2℃
残念ながら?ランクインはならず。
犬だって暑い


【0069】現代の二枚目鍾馗さん その12010年07月26日 23時51分22秒

ご覧のとおり広く分布していますが、
愛知県と滋賀県が中心で微妙にデザインが異なります。
高浜の鬼良さんで今でも作られているようです。

【分布と記録数】 愛知県(107)、滋賀県(51)、京都府(20)、岐阜県(18)、
            三重県(7)、奈良県(6)、大阪府(4)、埼玉県(1) 合計 (214)
【リンク】 収蔵室

この鍾馗さんも13種類の亜種を数えており、
今日はそのうち、剣を胸に捧げ持つタイプ4種と剣を振り上げる1種を紹介します。

近江八幡市玉木町の鍾馗さん
(近江八幡市玉木町)
ロングスカートをはくこのタイプは滋賀県特産。
苦味ばしったお顔、均整のとれたスタイルは現代的ですが、
少し面白みに欠けるのは否めません。

京都市上京区日暮通の鍾馗さん
(京都市上京区日暮通)
いっぽう、片手で裾をつまむこの鍾馗さんが
数は一番多いようで、70体以上を記録。

養老町鷲巣の鍾馗さん
(養老町鷲巣)
これは上の鍾馗さんの突然変異で一品もの。
そっくりなんですが、何か違う。
頭が小さく、腰を少しひねっています。

海津市今尾の鍾馗さん
(海津市今尾)
これも突然変異で、剣が異様に大きい。

京都市上京区椹木町通の鍾馗さん
(京都市上京区椹木町通)

剣を振り上げるタイプはこの一種のみ。
各地で満遍なく見られます。

【0069】現代の二枚目鍾馗さん その22010年07月27日 23時42分58秒

昨日の続きで【0069】のうち、剣を下におろしているタイプ。
といってもそれだけで8種が認められるので、
2回に分けます(^^;

たてがみタイプ比較

今日は髪を派手に逆立てている4種の識別ポイントです。

左から二つはほとんど違いがありませんが、
2番目のほうがより派手に逆立てています。
ちなみに赤色をしていますが、色の違いは土や釉薬でいかようにもなるので、
識別の対象とはしていません。

左から3番目は袴の形が他と異なっており、手でつまんでいません。
この形は昨日の一つ目と同じデザインで滋賀県特産です。

一番右はしょぼい写真で申し訳ないですが珍しいタイプ。
他とは作風がなんとなく違うのですが、見た目の識別点は
クロスする帯紐と、裾の形状。

京都市上京区猪熊通の鍾馗さん
(京都市上京区猪熊通)

高浜市田戸町の鍾馗さん
(高浜市田戸町)

竜王町須恵の鍾馗さん
(竜王町須恵)

野洲市市三宅の鍾馗さん
(野洲市市三宅)

【0069】現代の二枚目鍾馗さん その32010年07月28日 23時49分22秒

昨日の続きで【0069】のうち、剣を下におろしているタイプの後半4種です。

識別2

間違い探しクイズみたいになってきました。
よろしければ拡大画像で、まじまじとご覧ください。

答えはこちら
識別のポイントです。
左二つは進士巾の左右が一文字に傾いていますが、
右二つは「ハ」の字状。

左二つでは左手でつまんだ裾の形が違っています。

また右二つはそっくりなのですが、
下げた剣の先端が右端の鍾馗さんでは左右の脚の
中間付近に位置するのに対し、赤い鍾馗さんの剣の先端は左脚に
近いところに位置します。


京都市中京区丸太町通の鍾馗さん
(京都市中京区丸太町通)

南知多町日間賀島の鍾馗さん
(南知多町日間賀島)

常滑市大和町
(常滑市大和町)

東浦町石浜の鍾馗さん
(東浦町石浜)

【0060】【0061】京の「気は優しくて力持ち」2010年07月29日 23時06分37秒

【分布と記録数】 京都府(58)、大阪府(4)、滋賀県(2)、
            岐阜県(1)、奈良県(1)、兵庫県(1) 合計 (67)
【リンク】 博物館収蔵室【0060】 博物館収蔵室【0061】
分布はほぼ京都限定。
少し困ったような表情の大きな顔の鍾馗さん。
人が良さそうです。
京都市右京区嵯峨野高田町の鍾馗さん
(京都市右京区嵯峨野高田町)
この鍾馗さんは型の新しいうちに作られたものか、
比較的エッジがシャープな感じですが、普通は下の鍾馗さんのように
角が取れています。

#0050と比べるとご覧のとおりかなり大きい。30cmくらいはありそうです。
0050と0061比較
(岸和田市南町)

以下は【0061】で登録しているもの
少し大きくなります。この鍾馗さんは真剣に怒っている感じですね。
京都市下京区島原上之町の鍾馗さん
(京都市下京区島原上之町)


以下は珍しいもの

さらに大きく40cmくらいあった気がします。この1体だけしか見つけていません。
京都市上京区三条殿町の鍾馗さん
(京都市下京区島原上之町)


さらに大きく50cmくらいはあるのでは。2体発見しています。
近所の等身大鍾馗さんには遠く及びませんが、
瓦鍾馗としては相当大きいほうです。
重たそうな眉の下には眠そうな眼。力持ちでしょうね。
京都市東山区若松通の鍾馗さん
(京都市東山区若松通)


遠く旅の空2010年07月30日 22時33分10秒

地中海、キプロスに来ています。

キプロスの夕焼け





・・・なんてのは真っ赤な嘘で
我が家のベランダから見た夕焼けです。

向かいのマンションの間から見えるのは
某結婚式場のチャペル。
アングルが取れず、隅に建物の角が写りこんでしまいました。

昼間見れば思い切りチープな建物ですけどね(^^;
なかなかいい感じ。

【速報】2010/7/31 東近江・安土・近江八幡2010年07月31日 23時51分28秒

今日は新たな「八幡系」との出会いを願って
滋賀県東近江市、安土町、近江八幡市と行ってきました。

期待以上となる、3体の八幡系とおぼしき鍾馗さんを発見。
上の2体は対です。
東近江市五個荘塚本町

東近江市五個荘塚本町

安土町小中

やっぱり、見飽きないなぁ。

他にもいろいろ発見があり、久々の充実した探訪でしたが
ただいま鋭意データ整理中。