祇園祭 おまけ2010年07月20日 00時05分23秒

前回2006年に宵山見物した際と今回で、
同じアングルの写真がありました。

長刀鉾 2006年
長刀鉾 2006

長刀鉾 2010年
長刀鉾 2010

雨もよいだったため、ビニールがかかっているのが残念ですが、
囃子方(はやしかた)の人たちが腰掛けた、すぐ下の布地が
豪華になっています。

ネットで探すとこんな記事がありました。

「緋羅紗地五彩雲麒麟図刺繍」だそうです。舌噛むな・・
ちなみに費用は1500万円かかったとか・・・・・・・

【0134】巨顔・大阪系ルーツ? その4 ―2010年07月20日 23時53分10秒

しばらく空けてしまいましたが、「街でよく見る鍾馗」シリーズ
【0134】のつづき、完結編です。

 その1 その2 その3

今日紹介の鍾馗さんは「よく見る」といっても実は希少鍾馗さん。
大阪府内を中心に3亜種合わせても10体弱しか確認できていません。

寝屋川市仁和寺本町の鍾馗さん
(寝屋川市仁和寺本町)

姿かたちはこれまでの鍾馗さんとそっくりなのですが、
エッジがシャープで、断定はできませんが型物でない
手作り感があります。

寝屋川市黒原城内町
(寝屋川市黒原城内町)

こちらは鬼なしタイプ。

八尾市東山本町の鍾馗さん
(八尾市東山本町)

このシリーズの最優秀作。

他に比べ一回り大きく(たぶん(^^; )、
鑿痕の切れ味の良い鍾馗さんです。
勝手な想像ながら、他はこれを手本に作られたのではと思います。