祇園祭 宵山を満喫2010年07月17日 23時55分46秒

15日(木)夕から、16日まで、京都で祇園祭を楽しんできました。

一か月も続く祭りのメーンイベントとして有名なのは、
山車の山と鉾が町なかを練り歩く、17日の「山鉾巡行」ですが、
3日前から始まる「宵山」も大変な賑わいをみせます。
前日が「宵山」、前々日が「宵々山」と言われます、三日前は「宵々々山」ですね。

関西以外では「山鉾巡行」以外はあまり報道されることもないため、
私は「宵山」の賑わいを知らず、
4年前、偶然に宵山当日に京都郊外に宿泊して、
初めて宵山の規模の大きさと賑わいに驚いた覚えがあります。

その際は一人だったため、祭を楽しむには限界があり、
今回は家族と一緒に訪れました。

四条通(函谷鉾)
四条烏丸から西方(函谷鉾と遠方に月鉾、郭巨山)

金曜日は四条烏丸で待ち合わせましたが19時にはもう、大変な人。
前日は雨もよいで人出も多少少なかったようですが、
この日は35万人とのこと・・
広い四条通は歩行者天国ですが、左側通行。
人が溢れています。

室町通(菊水鉾)
室町通(菊水鉾)
 ビルに囲まれた四条通ではあまり感じませんでしたが
 町屋の多いここでは、鉾は大きく、背が高く見えます。
 天高く突き立てられた鉾の最上部は五階建てのビルくらいの高さ。


さらに大路から細い通りに入ると、そこはもう大変なことになってます(^^;
両側には露店が立ち並び、広くない通りがさらに狭まっています。
この室町通は、人間が北行きの一方通行!
確かに双方向の人の流れが入り乱れたら危険な混み方。
(それでも流れに逆らっていく人はいっぱいいましたが)


中心街はどこもそんな雰囲気で、
各町のお囃子の音、道行く人々の雑踏、屋台の呼び込みや食べ物の匂い
まさにお祭り騒ぎです。
室町、新町あたりの、普段の静かな様子を知る自分にとっては
その変り様は驚きでした。

それにしても楽しかったなぁ。