「第3回 屋根神ウオーク」に参加!2009年11月01日 22時43分37秒


名古屋周辺に残る習俗「屋根神さま」。

今日は、特に集中する西区内の屋根神さまを
歩いて見て回るイベントに参加しました。

あくまで個人のお宅が魔除けとしてあげる鍾馗さんと異なり、
屋根神さまは町内の隣近所が共同して営み、
皆で守っていくものだそうです。

主催者のひとり、森 実さん  は
都市化や社会構造の変化で減りつつある屋根神さまと
それを守る人々を写真などで紹介し続けています。

活動を通じて、屋根神さまを守る人たちと、
それに関心を持つ人の仲立ちをすることで、
守る人の誇りを呼び覚まし、
いっぽう認知度を高めることで
保存の気運を高めるといった、
相乗効果をめざしておられます。


鍾馗も同じ民間信仰つながりということで、
森さんとはブログを通じて交流があるのですが、
面白い鍾馗を見つけたといっては喜んでいる、
単純な当管理人とは比べものになりません。


前置きが長くなりましたが、
9:30に地下鉄浅間町駅集合。
すごい人です。
管理人夫婦より若い人は、ちらほらいる程度で
参加者平均年齢は65歳くらいかな。

大勢で揃って歩くのかと思っていましたが、
わりとばらけた感じでウォーキングスタート。
頂いたルートマップに沿って
各自自分のペースで歩きます。

曲がり角ごとに矢印でルート案内が掲示されているので
これなら迷うことはないですね。

また、屋根神さまのあるところでは、
スタッフの方が待っていてくれて説明してくれます。

押切から東枇杷島へ向かい、中間点となる神社では
大福餅にお味噌汁、コーヒーなども振舞われています。

非常に大勢のスタッフ(ボランティア?)の方が
イベントを支え、盛り立てていることにびっくりです。

栄生をぐるっと回って、産業技術記念館がゴール。

パンフに記載された、ルート外の屋根神さまも
見て歩いた管理人の歩行距離は8kmくらいでした。

森さんもブログで書いておられますが、
コースを少し外れたところにあった屋根神さまが
まさに撤去されたばかりでした。
守ってきた人たちからそのことを伺うという、
リアルな現実も目の当たりにしましたが、

大変なご苦労でイベントを企画・実行される、
森さん達の努力が実を結ぶことを祈ります。

【0434】高取町下子島2009年11月02日 23時35分46秒

高取町下子島の鍾馗さん
【所在地】 奈良県高取町下子島
【発見日】 2006/4/8
【撮影日】 2006/4/8
【整理番号】 0434LX
【発見数】 1
【リンク】  収蔵室

【コメント】

高取城へ続く町並みから西に折れた
信楽寺の裏手の目立たない場所にあります。

この鍾馗さんも左手は
何かを押さえつけていて、
彩ますみさんご教示の「八苦を抑える」ポーズです。

あまり気にしていなかったのですが、
奈良県の鍾馗さんには
かなりこのポーズがありそうです。

【0402】橿原市一町2009年11月03日 22時44分55秒

橿原市一町の鍾馗さん
【所在地】 奈良県橿原市一町
【発見日】 2006/3/4
【撮影日】 2006/3/4
【整理番号】 0402BX
【発見数】 1
【リンク】  収蔵室

【コメント】

大和高田に隣接する、橿原市の西端あたりです。
棟にもたれかかるように置かれていますが、
前に折れ曲がった、横から見ると「く」の字型です。

今の置かれ方ではしっくり落ち着いていますが
元々こんな状態で置かれていたとも考えにくく、

当初はずいぶん前のめりに見えていたのでしょう。

【0295】橿原市古川町2009年11月04日 23時38分26秒

橿原市古川町の鍾馗さん
【所在地】 奈良県橿原市古川町
【発見日】 2005/12/10
【撮影日】 2008/9/20
【整理番号】 0295DX
【発見数】 1
【リンク】  収蔵室

【コメント】

棟端瓦一体タイプ。
奈良県で、このタイプとくれば、
もう希少な鍾馗であること疑いなしです。

「気をつけ」して、足は180°に開いています。
良くあるポーズです。

右肩の突起が謎ですね。

直線距離では2.5kmほど離れた、
葛城市笛堂でもよく似た鍾馗さんを見つけています。

【0294】橿原市雲梯町2009年11月05日 23時56分56秒

橿原市雲梯町の鍾馗さん
【所在地】 奈良県橿原市雲梯町
【発見日】 2005/12/10
【撮影日】 2008/9/20
【整理番号】 0294DX
【発見数】 1
【リンク】  収蔵室

【コメント】

2005年に見つけ、
2008年に再訪しました。

二回目でどうも見た目が、
真新しくなっているので、
帰ってから見比べていると
確かにいぶし銀の艶が増しています。

詳しくは知らないのですが、
瓦を再焼成して甦らせることができるようです。

あまり強そうなお顔ではありませんが、
大事にされているようです。

比較した写真は上のリンクから収蔵室をご覧ください。

【0807】橿原市忌部町2009年11月06日 23時06分11秒

橿原市忌部町の鍾馗さん
【所在地】 奈良県橿原市忌部町
【発見日】 2007/6/30
【撮影日】 2007/6/30
【整理番号】 0807HX
【発見数】 2
【リンク】  収蔵室

【コメント】

昨日の雲梯町のすぐ北隣なのですが、
間には澱粉工場がそびえ、
近くて遠い町になっています。

剣を振り上げたポーズは勇ましいですが
表情は何か悩んでいる風情。

ところで忌部町という地名、
町名としては何か引っかかるので
由来を探してみました。
こちら  に発見。

やはり歴史ある町名でした。

名鉄名古屋駅の横山剣?2009年11月07日 23時39分03秒

名鉄名古屋駅の中央ホームは降車用 兼
特別車乗車客の専用になっています。

自宅が名鉄沿線にあるので、
鍾馗探索の帰路、月に一回か二回は利用するのですが
豊橋方面に乗車する場合、
中央ホームを正面に見て、電車を待つことになります。

今回はその中央ホームに常駐する謎のおじさんの話。

管理人は土曜日の夕方に名鉄名古屋駅に
いることになりますが、その際 『必ず』
中央ホームのベンチに座っているおじさんがいます。

というと「ホームレス?」と想像されるかもしれませんが
全然違います。

年の頃は60前後でしょうか、
いつもピシッとしたスーツ姿(ただしヤクザっぽい)で
シャツは黒が多い気がします。
頭はスキンヘッド。
必ずティアドロップのサングラスをしており、
シカゴのギャングみたいな帽子もよくかぶっています。

クレージーケンバンドの横山剣をイメージしてもらうと
近いですね。

セントレアに行くミュースカイもここから発車しますが、
スーツケースを横に携えていたことも
あったような気がします。
ただし、電車に実際に乗車することはないようです。

いつもベンチに座ったまま、携帯電話を片手に
すごいオーバーアクションで誰かと通話しています。
横山剣が大声で右手を振り回しているのですから
そのベンチには他の人が座っていることはありません。
(そりゃそうですね)

ここ数ヶ月気にして見ているのですが、
いなかったことはないので、
毎日、ずっとそうやっているのかもです。

こう説明していくと、ずいぶん恐ろしげな感じですが
こんなことも。

ドリンク剤だか酒だかを持っていることもあるのですが、
ある日、剣おじさん、酎ハイの缶からホームのフロアに
液体を少しこぼしてしまいました。

すると、おじさんどこかからハンカチを取り出して
おもむろに床を拭いていました。

見直してしまいました。

そのハンカチでその後、手を拭いていたのは
いただけないですけどね~。


名鉄名古屋駅、次々と電車が来るので、
待ち時間はせいぜい五分くらいですが、
その間の楽しみになっています。

滅茶苦茶めだっていますし、乗車客も多い駅ですので
もっと有名になってもおかしくないと思うのですが、
何か情報をお持ちの方がいたら
ぜひ教えてください。

2009/11/7 朝日町、四日市市、東員町、桑名市2009年11月08日 23時52分25秒

イナゴ危機一髪
鍾馗探索に歩き回るには今が最高の季節。

朝、かなり寒く感じるくらいだと、
歩いているうちにすぐに体が温まって、快適です。

写真撮影が可能になる7時くらいから
暗くなりはじめる17時くらいまで、
少しでも長い間探し歩きたくて、
長距離コースの計画をせっせと立てています。

今回も予定コースは、地図での計測で約50km。

ちょっと長すぎるかなあと思いつつも
決行です。

起点はJR関西線の朝日駅。
ここを3時の位置として、
時計回りに周回コースです。
四日市市が全体の約半分。
後半で東員町と桑名市を歩きます。

三重県は決して鍾馗さんの多いところでは
ありませんが、時々あっと驚くすばらしい鍾馗さんとの
出会いがあります。

期待していたよりかなり暑かったのと、
もうひとつ希少な鍾馗に巡りあえないこともあって
途中でコースを少し短縮しましたが、
それでも42kmを踏破。
これはもはや「ウォーカーズハイ」の症状か、
足の痛みもほとんどありませんし、
翌日筋肉痛もでません。

出会った鍾馗は20体。
数こそ、そこそこですが平凡なものばかりで
ちょっとしょんぼり。

鍾馗さんより、鳥やら花やら犬やら猫やらとの
出会いを楽しんできました。

写真はイナゴを玩ぶ猫。
管理人が近寄って猫が気をとられたすきに
イナゴは脱出成功したようです。
ひとつ功徳を積んだかも。

2009/11/8 愛知県東海市2009年11月09日 23時28分49秒

東海市富木島町の鍾馗さん
前日42km歩き、日曜日は少しゆっくりしようと
午前中は家にいましたが、
なんとなくじっとしているのがもったいなくなってきて、

未実行で積んである探訪計画を引っ張り出してきて
昼からおでかけしてしまいました。
我ながら「性懲りもなく」です。

出かけたのは愛知県東海市。
高横須賀駅から富木島を経由して聚楽園までの
12kmくらいを歩きました。

このあたり、知る人ぞ知る
鍾馗さん密集地帯です。

見つける→写真を撮る→地図に記録する→見つける
の繰り返しで忙しいこと。

特に高横須賀町は四十分ほどの滞在で二十数体発見。
以前に少し通った際も十体ほど見つけているので
大して広くもない町内に四十以上。
歩いていない辻も多いので、探せばまだまだ見つかりそうです。

ただし珍品にはなかなか出会えないところです。


写真の鍾馗さんは富木島で発見。

なんともヴィヴィッドなピンク(^^;
型で作った鍾馗さんに釉薬をかけ、
しかもこの色ですから、申し訳ないけど
プラスティックのおもちゃみたいです。

【0985】橿原市四条町2009年11月10日 23時31分55秒

橿原市四条町の微笑み鍾馗さん
【所在地】 奈良県橿原市四条町
【発見日】 2008/9/20
【撮影日】 2008/9/20
【整理番号】 0985BX
【発見数】 2
【リンク】  収蔵室

【コメント】

これは珍しい、微笑を浮かべた鍾馗さん。

鬼退治という職業柄、にこにこしているわけにもいかず、
たいがいは肩をいからせて怒っていますが、
この鍾馗さんはどうしちゃったのでしょうか?

顔だけ見ていると恵比寿・大黒様風。

さらに細部を見ていくと、ちょっと変な鍾馗さんです。

チャンピオンベルトのような腰紐、
向きが揃ってるので、歩いているように見える両足。

不慣れな鬼師がつい、作り慣れた七福神の笑顔を
イメージして作っちゃった というところが真相かも。